salmon&troutで武骨なクリエイティブに触れる

住宅街にひっそりたたずむ、サモトラサモトラ…

食べ物大好きなお友達が主宰するおいしいお店の会にいくつか参加させていただいているのですが、今回はサモトラ!
正式名称はサーモンアンドトラウト。スラングで痛風って意味。
シェフは、文化人類学者?の息子さんだったり、オーストラリアの有名店TETSUYAや、マンダリンで働いたり、いろいろ渡り歩いているモダンガストロノミーの類。ただ、いわゆる普通の人ではない、おしゃれ系な感じの若者がやってる、業界人な雰囲気のお店です。
(自転車とか売ってるし)

アフタヌーンシー!!

フィッシュアンドチップス。このお皿は私も狙ってるやつ!

キウイ。
図らずも、こちらのお店、セララバアドに続いて、通っているお料理教室の先生が行ってて笑えました…
先生がこのキウイにインスピレーションを得てレシピつくってらっしゃって、おいしかった。さすが。

モダンガストロノミーであるのだけれど、こちらのほうが野生児という感じ。
「山で採ってきました!」とか、ジビエ出したり、何か発酵して自家製してたりと、野生児な感じのお店。シェフと男性もう一人で回していて、あとあとお料理教室の先生から伺ったのですが、オーナーのおうちを改装したみたいで。
オーナーが時々お手伝いに訪れているそう。

武骨なプレゼンと、引き算でつくられたお料理。味はいろんな顔を持っていて、総じて軽いんだけど、また食べたくなるジャンキーな面も持っていて。
そして、どの駅からも行きにくい場所。どれをとってもツウなお店で断定です。

関連ランキング:割烹・小料理 | 世田谷代田駅下北沢駅池ノ上駅

****************************** ********************************
一応、ランキングにも参加中です。
おもてなし料理 ▼おつまみ ▼レシピブログ(共働き)
instagram:@ayavoyage / @enjoyatable
旅blog→ voyage de cuisine→

コメント

タイトルとURLをコピーしました