肉山に登頂してきた話

念願の初登山…

肉山。食べ物オタクとしては一度は必ず登ってみたい山のひとつです。
行ってみたいな~と思いつつも、なかなか機会もなく、とはいえ、しゃかりき頑張って予約するという力もなく…月日が過ぎておりました…
(昔吉祥寺に住んでた時にできてくれてたらな~笑)

が。
ここ数年、食べ物オタク友達が増えたおかげ?で、急なキャンセルが出たよ!と連絡が。ありがたすぎる…参加させていただきました。

駅からちょっと離れたところにある肉山さん。中は常連さんと思しき方々でいっぱいでした。

パテドカンパーニュからスタート。このタイミングで一挙4皿くらいどどんと出ます。

そしてキムチ。このキムチ、いい具合のつかり加減と塩加減でわたし的にgoodでした。

エリンギ。肉山さんのgoodポイントは、”野菜がおいしい!”ところな気がしました。みずみずしさ、うまみの引き出し方。そこがすごいや。

ちなみにグリル以外は、きゅうりとトマトが供されます。これがいい箸休めになるんだなー

同時に数種類のたれも供されます。

柚子胡椒、粒マスタード、コチュジャン…と野菜用のみそ?記憶が・・・
この野菜用と思しきちょいからのやつが私的ベスト。

そしてお肉―。赤いですが、遠赤外線でじっくりと火入れしているので、ミディアムレア~とかそういうのではない何かを感じる火の通り具合でした。
肉の甘みが十分に引き出されていておいしい…ゆずこしょうもグッドでした。

野菜その2、アスパラガスのグリル。いやー、甘い。ちょうどいい火加減。

ここでワイン。ワインを注文するとこんなグラスに入れてくれます笑
ワインは肉山オリジナル。なお、ご一緒したみなさんワイン仲間とのことで、いろいろ教えていただきました。感想は、すごいの一言笑。貴重なワインを見つけ出したり(ミーハー路線じゃないやつですよ。もちろん)、エンゲル係数がとんでもない話になったり。肉を囲むとなんでもお話ししたくなる不思議。

トモサンカク。赤身のしっかりした肉肉しさと、ジューシーさ。

ソーセージってやっぱりアイドル。

ジャージーのリブロース。群馬県産なんだとか。ジャージー牛です!って言われて食べたことそういえばないなと思ったりして。程よく脂も感じられました。

ここにきて牛かつ。おなかいっぱい…でもおいしい…。

そして今日は、特別に、と出してくださったカレー。
カレーっていうか肉っていうか!ゴロゴロ感がたまらん…。
欧風カレーでしっかり煮込まれて肉のうまみがあって、たぶんあまった肉たちが入っていて豪華でした。

これ。あか牛だった気が。肉山さんのお肉は総じてジューシー。

〆はたまごかけごはんか、カレーライスかを選べます。
私はカレー笑 だって、おいしかったんだもん。
なお、卵の誘惑にもやられそうだったご一緒された方。ダメもとで「卵を…入れて…」と聞いてみたらあっさりOK!お肉とともにスペシャルカレーできあがり。

大食いな私も途中ギブしそうになるくらいでしたが、男性だけだと、ちと足りない、なんてことになるそうで。
でもこれで5000円は安い!!お肉も焼いてくれるし、肉と向き合う感じで楽しかった~。

ご一緒させていただいた奇跡と出会いに感謝なのであります。

******************************* ********************************
一応、ランキングにも参加中です。
おもてなし料理 ▼おつまみ ▼レシピブログ(共働き)
instagram:@ayavoyage / @enjoyatable
旅blog→ voyage de cuisine→

コメント

タイトルとURLをコピーしました